>  > 若い風俗嬢で安心しました!

若い風俗嬢で安心しました!

何の情報も無しに入ったお店だったんですけど、若い風俗嬢ばかりだったので安心しました。最近は風俗のサービスもかなり多様化してきているので、お店ごとに色々な特徴がありますもんね。人妻専門や熟女専門など、1つに特化したお店も沢山あります。もちろん私は年上には興味がないし、ましてや熟女のお店なんて行きたくないです。でも普通のお店でも幅広い年齢層の女性が在籍している事が多く、とりあえず指名したらオバサンが出てきた!なんて事もあるものです。それを防ぐならインターネットで調べて、お店のホームページから連絡するとかすれば大丈夫だと思います。しかし、私はパソコン関係が全くダメなので未だに直接お店に足を運ぶというスタイルをとっています。だからハズレのお店に当たってしまう事もよくありますが、それはそれで風俗の醍醐味だと思っています。ネットなどで今のように情報が出回っていない時は皆そうやって風俗を楽しんでたものですし、失敗も含めて楽しむべきだと思います。

風俗歴中、最高粘度の愛液体験

クンニストとしては風俗で顔中がラブジュースまみれになるのはむしろ望む所です。この日の姫は顔=和風美人、髪=やや茶色ががった22歳のほんわか娘。性感帯を探ろうと色々な箇所にタッチしてみたのですが、どうやらかなり感じやすいボディーをお持ちのよう。どこをタッチしても「アフン」という喘ぎ声が止まりません。そういうことならとお手入れはしているものの、やや長めのマン毛に包まれたアソコを重点的に責めてみることに。それから指をゆっくりとアソコに挿入してみると既に中はクチュクチュしています。そのままやや激しい感じで掻き回すと、奥の方からさらに粘り気のあるラブジュース。このネバネバ感は我が風俗歴中最高レベルかもしれないと思い、たまらず体位を変え69に持ち込みクンニストモードを発動します。その後クンニすればするほど長めのマン毛がネバネバ愛液で満たされ、こちらの顔中は愛液でベトベトに。「君のねっとりマン汁のせいでこんなに顔になっちゃったよ」というとほんわか娘も大テレでしたね。

[ 2016-01-29 ]

カテゴリ: 風俗体験談