>  > 風俗の良さに気付く瞬間はまちまち

風俗の良さに気付く瞬間はまちまち

風俗の良さに気付いた瞬間ってまちまちだと思うんですが、自分でも覚えていないんです。ただ、年齢と共に行く回数が増えていったような気はします。若い時の方が性欲が強いとは言いますけど、ただ若い時はそれなりに遊び相手もいたんです。でも徐々に若い女の子が遠い存在になっていくと、風俗でそれを埋めるというか「若い子と楽しみたい」って願望が出てくるようになったんですよね。それが大きいかなと。若い時は遊び相手だって若いし、それこそ多少は無茶もするじゃないですか(笑)でも年齢と共に周りも結婚していくし、若い女の子どころか遊び相手さえいなくなってくると、じゃあその思いをどこで発揮するのかって言ったら風俗しかなくなってきて、それで行く回数そのものが増えていった気がするんですよね。だから自分もまさかここまでハマるとは、若い頃には想像しませんでした。今の自分を若い自分が見たら、あまりの変貌ぶりに驚くんじゃないかなって思いますね。

風俗の恐ろしさを知った夜

ダチと土曜の夜、一緒にいた時のこと。暇だから風俗に行こうということになったが、お互いお金があまりなかったので、安く遊べる風俗にしようということに。ネットで同じ市内の風俗店を調べたら60分コースで予算に見合うソープを発見!ダチがいち早くイイ女を見つけて確認したら即OKとのこと。オレは散々迷ったあげく同じ店が都合が良いということで、別のイイ女を選んで確認したら1時間ちょっとで空きになると言われたので、どうしようかダチに相談したらパチンコして暇つぶしているからイイよということになって予約をとりました。そして終わった後に、お互い満足したことを確認。巨乳だったか。おう、巨乳だった!マット洗い気持ち良かったな。おう、最高だった!いろいろ話していたらけっこう共通点が。右のオッパイに大きいホクロ無かったか?おう、あった!えっ、もしかして同じ女?写真では別人だったのに同じって?車内で僕らは穴兄弟の歌を唄いながら帰りました。風俗って怖いな〜!

[ 2016-07-26 ]

カテゴリ: 風俗体験談